ネットで家づくり

これだけインターネットの発達した世の中ですから、実験的な取組みとして
スカイプやフェイスタイムを用いた家づくりを行いたいと考えています。
もちろん、現地調査やプレゼンテーションなど、必要最小限な打合せは現地
に赴きます。でも、何十回にも及ぶ打合せは、ネットで行うのです。
スカイプなどですから、顔を見ての打合せとなりますが、微妙な顔色までは
見逃すことだって考えられるし、設計ディテールの確認も疎かになる可能性
もあります。ですから、あらかじめ設計ディテールを決めたモデルプランの
あるフォレストバーンを中心に置いた実験を行います。
そしてもし、この取組みが有益でありそうならば、他の完全自由設計の家に
への応用も考えていきます。
名付けて『家.net』。
まずは、この『家旅』で進める家づくりで取り組んでまいりますので、その
進捗は投稿記事にてご確認ください。
実はちょっとだけフェイスタイムを使った家づくり経験もあるのです。遠隔
地で僕が都合で打合せ場所にうかがえない時、フェイスタイムでまずはご挨
拶を行い、本日の打合せのポイントや注意点などを先にお伝えしてからその
日の打合せをスタートするといったことが。
図面のやりとりは事前にメールや郵送をしておくという必要もあるでしょう。
そして何より大切なのは、信頼関係。
提案する我々も、提案を受ける建主も、常に同じ一つのビジョンに向かって
進んでいるという気持ちが大切です。つまりはみんながデザインパートナー
であるということ。そういう意味で、『デザインされたパッシブ住宅』とい
う明快なコンセプトを持つフォレストバーンでは、ビジョンを共有しやすい
ことが想定できます。
この取組みは、弊社で家づくりコーディネートしている建主さんや、弊社サ
ポート工務店で家づくりを進められる建主さんも対象としています。みなさ
ま方のより楽しいいい家づくりを進めるために、僕らの経験や知識をフルに
活かして直接コーディネートさせていただきます。