素材力

素材には力がある。

本物の素材は、それだけで人を、う〜んと唸らせることができる。
これも、そうだった。

IMG_7419web1

日本クスノキ。

佐賀で家づくりをコーディネートした時、たまたまランチに行ったカフェで
衝撃の出会いがあった。

店に入った瞬間に、なんとも言えない〝ハスキーな〟香りが鼻腔をくすぐっ
たのだった。なんだ、コレは? ハッカのような、潔い清潔感にあふれ、思
わず深呼吸したくなる香り!

それが、この日本クスノキだった。
聞けば、このカフェ、日本の森にあるクスノキにこだわり、それだけを使っ
て様々なクスノキ商品を開発しているのだという。消臭剤やオイル、クスノ
キブロック、家具、そしてクスノキの床材。秀逸だったのは、クスノキを貼
ったトイレの引戸。それはそれは、なんとも言えずゴージャスだった。

価格を聞いたら、我々庶民がとてもとても使えないという値段でもない。し
かし私が標準的に使っているスギ30ミリ厚よりは2倍以上の価格だ。
そこで、何人かの建主さんにご提案したのだが、なかなか即採用とはならな
かった。苦節、数ヶ月。何組目かの建主さんがそのカフェにまで足を運び意
を決して採用を決定。ようやく日本クスノキを使った住まいの誕生となった。

どんな力が、建主の心を動かしたのだろう。
この日本クスノキの場合、香りも凄いのだが、ワイルドな色味が独特な存在
感を主張する。他を圧倒するほどだ。そこで、壁の仕上げや棚などの家具、
引戸の類いの建具では、その色味と競合しないような落ち着いたトーンの色
使いとなった。淡いグレーやブルーの塗装でキッチン収納などを彩ったのだ。
完成した空間は、その意図が見事に功を奏したものだった。
玄関からリビングへ、そして階段から2階へ。すべてに日本クスノキの折重
なる地層のようにワイルドな縞模様が足下を誘ってくれる。加えて、この五
感を刺激する香り。まるで森に佇むリゾートホテルにでも来たかのような感
覚が身を包んでいく。
そうか、この素材には、人を異空間に運びさる魔法のような力があるのだ。
たぶん、なんとなくそんなことを感じたからこそ、建主はこの日本クスノキ
を採用したのだろう。

素材には、力がある。私はそれを素材力と呼んでいる。
それを見たり、触れたりするだけで、心を躍動させるなにかが潜んでいるこ
とがあるのだ。

だからこそ、私はこう考える。
素材から発想をはじめる家づくりがあっても良いと。そこから想起される物
語を追い求めて、建主も建築家も大工も左官も、一つの完成形をめざして動
き出せば人知れないアドリブに満ちた芝居を観ているようで、たぶん面白い。

この素材力に満ちた住まいは、
5月22日に開催するオープンハウスでご覧いただける。

2016-05-16 | Posted in 365day's gallery, 旅に向かうNo Comments » 

軽井沢FLAT

◎6月26日(金)

 軽井沢で進行中のフォレストバーンFLATが棟上げを迎えました。
 まさに全国を〝旅する家〟FLATです!!

P1050467

 軽井沢ではほぼフラットに近いような陸屋根の家を建てることはできません。
屋根勾配をきちんと取る必要があるのです。それに最低限の軒の出も規制され
ています。
 そこで、今回は建主のM様との協議の上で、このような寄せ棟の屋根としまし
た。降雪のことに加え、自然が多い環境では樹木の葉っぱが降り積もることも
想定しなければいけません。従って雨を受け流す樋にも配慮がいるのですが、
ここでは雨落ちとして、それも楽しむようにしました。もちろん落下地点でど
のように雨を受けるのかというデザインも忘れてはなりません。

P1050472

P1050487

 軽井沢での観光シーズンの工事は御法度!!
 雨仕舞を施し、壁の断熱やサッシまでの行程を行ったら秋の工事再開までは
一旦現場は夏休みです。

 完成するのはリゾートフルなFLAT! その間取りに注目です!!

2015-07-25 | Posted in 365day's gallery, 旅に向かうNo Comments » 

aso!

◎6月16日(火)

 仕事もあり、娘と孫と一緒に阿蘇へ行ってきました。
 福岡から熊本の阿蘇へは九州道を使えば2時間弱で現地まで到着する距離!
こんな森の中のペンションへ、あっという間に移動できてしまうのです。

IMG_4787web

 この小旅行は2日間の行程で組んだもの。初めての子育てで少々疲れ気味の
娘の慰労と我々の気分転換を兼ねてのものでした。
 我々夫婦の出身は共に熊本ですから、阿蘇には何度も訪れていますが、何度
来ても、阿蘇の大自然には心が洗われます。

IMG_4846web

IMG_4863web

 オーガニックな料理を出してくれるペンションの周りを散策するだけでも露
に濡れた山野草に癒されます。

IMG_4868web

 薬草園ができていて、そこでは自然の中で育てられている薬草の森を散策。
いろんな薬草がパウダーになって販売されていたので、試しに購入してみまし
た。私はアレルギー性鼻炎なので、最近は特に食事にも気を使うようになって
いて、あるコトに気づいたのですが、薬草パウダーも効果があるのなら!とい
う思いで購入しました。

 IMG_4878web

 阿蘇からの帰りに発見した古民家カフェ!
 地元の建築士のデザインだそうですが、経験豊富な方なのでしょうね、大人
の感性でとても上手くまとめてありました。勉強になります!

 国は、外国人観光客の誘致を東京一極集中から日本全国へ拡散しようと計画
していますが、九州のコアとなる福岡から熊本県の阿蘇や大分県の温泉、鹿児
島の桜島を結ぶルートというようなモノも考えられるのでしょうね。
 孫の成長と自然の癒しにすっかり気分転換することができました! さあ、
がんばりましょう!
 

2015-07-25 | Posted in 365day's gallery, 旅に向かうNo Comments » 

施主の多様性。

◎5月17日(日)

 晴天。新幹線で関西へ向かいました。
 以前家づくりをコーディネートしたある施主の弟さんからご相談を受けて
いたので、現地リサーチと打合せのために建築家を伴ってうかがったのです。
IMG_4302web
 
 まずは現地へ。
 想像していたのとほぼ同じイメージ。
 しかし、ここにどんな家を建てようかと真っ白な段階からイメージを膨ら
ませることはありません。なぜなら、今回のケースはある程度、図面が出来
上がっているからです。
 どういうことか・・・・・。

 実はこちらのケースでは、施主は或る工務店との間で家づくりを進めてい
て、図面はまあまあ気に入ったものの、その後の詰めがうまく行かず、他の
建築士にも相談したが、これも上手く行かず、途方に暮れたいたところに、
僕のクライアントであったお姉さんが「こんなコーディネート会社があるか
ら相談してみたら」と声をかけ、それならばと帰省の折に相談に来ていただ
き、それぞれの上手く行かなかった理由を客観的に僕が紐解き、施主の求め
る家をつくるための方法と行程をお伝えした上で、最初の工務店との間でま
とまりかかっていた図面の整合性を高めていこうということになったのでし
た。
 施主は様々な課題を抱えているものです。その多様性に応えるのも家づく
りコーディネーターの大事な仕事だと僕は考えていて、このケースではそれ
に応えてくれる、つまり基本図面の再整理と詳細な実施図面の作成と設計監
理(予算の問題があるので重点監理)を行う建築家の選定と、重点監理でも
完成度を落とさないための〝建築家住宅の施工に手慣れている〟工務店の選
定という筋書きを描き、それを施主に説明して理解していただくというプロ
セスを経て、今日の打合せを迎えたのでした。
 再度ヒアリングなどをした打合せ後、候補の工務店と面談。受けてもらえ
るという手応えを感じて再び新幹線の駅へ。
 この日の家旅の空は気持ちのいいブルーでした。

2015-06-21 | Posted in 365day's gallery, 旅に向かうNo Comments » 

湯布院の家。

◎4月10日(金)

 いつも思うことって、フッとその時になって同じような場面が巡ってきて、
そうだそう、これっていつもそう思うんだよなあって、感じることなんですね。
 湯布院インターで降りて、右にも左にも曲がらず真っすぐに進み、次の交差
点で右折して坂を下っていくと数分で湯布院の市街地に入るのですが、湯布院
が観光地として成功した要因の一つは「インター降りてすぐ」に立地するとい
うこの利便性にあるんじゃないかって、その時もそう思ったのでした。
 そう感じた瞬間に、心の中に〝近い田舎〟として刻印されるのではないかと
思うのですが、いかがでしょう? インターから降りてすぐ、職場に近い、空
港にすぐ行ける、新幹線で1時間! 生まれ故郷に近い・・・。いろんな近さが
在るのだと思います。
 そんな九州都市圏からの〝近い田舎ー湯布院〟で、この日は棟上げでした。
建築家が雨男なので、見事に雨。現地近くのカフェでまずは腹ごしらえしま
した。

IMG_4112web

IMG_4113web

「やっぱり地鶏蕎麦でしょう。うむうむ、この地鶏コリコリしてて美味いよ」
「いやいやここはだご汁ですよね。この味噌、最高!」
 などど会話しつつランチ終了。
 雨の現場へ。

IMG_3899web

 棟は数週間前に上がっていて、この日はどちらかと言うと儀式的な棟上げ式
を行う段取り。手前の祭壇はその準備です。奥では壁紙などの選定を行いまし
た。棟が上がった室内だと、完成する部屋をイメージしやすいんですね。

IMG_3885web

 この空間はハイサイドにステンドグラスを貼り巡らしたギャラリー。玄関を
入ってすぐ真上にこんな吹抜けが設けられていて、しかも足下の床には独特の
仕掛けを施しています。

IMG_4114web

 畳表のサンプルも3種類用意されていて、その中からお気に入りをチョイス。
ちなみにこれは七島蘭(しっとうい)というカヤツリグサ科の植物で、本来の
琉球畳はこの七島蘭を使った物だけを指していたそうです。野太い手触りが物
語るように、柔道場の畳にはこれが使われていたようです。それだけに丈夫こ
の上ない畳です。他にはい草を使った上品な物や、紙製の物もあったのですが、
建主さんはじめほぼ全員がこの七島蘭に一目惚れした感でチョイスしました。

IMG_3908web

 外は雨。
 森の中にひっそりと佇む家も、雨に濡れそぼっています。まだ断熱材が施工
されていなかったので、白い息が出るほどに現場も寒かったのですが、壁に断
熱材のセルロースファイバーが入れば、サッシは高熱貫流率を示す樹脂製です
から室内の熱も確保されるはす。大工さんも仕事がやりやすくなるはずです。
 この家はフォレストバーンの自由設計コースで進めているもので、デザイン
は全くの自由ですが、断熱仕様などはもちろん、軒の出や採光、通風を重視し
た家づくりコーディネートをしていますので、居住性能には自信があります。
温熱計画も第一種換気を用いた全館空調タイプなのです。
 外の冷たい雨が温度を感じさせない室内空間になるまであともうすこし。初
夏には完成の予定です。

2015-04-24 | Posted in 365day's gallery, 旅に向かうNo Comments » 

崖の町。

◎4月9日(木)

 本日は晴天。長崎県佐世保へ家旅です。九州道鳥栖ジャンクションから長崎
方面へ車を走らせること2時間ちょっと。到着したのは港町佐世保でした。

IMG_3864web

 このウォーターフロント的な光景がいかにも佐世保ですね。
 車を走らせていると灰色の軍艦も目に飛び込んできます。佐世保というと横
須賀同様にこんなイメージがまずは浮かび、次に佐世保バーガーということに
なるのではないでしょうか。
 木曜日ということもあってか、このウォーターフロントエリアはそれほど人
出もないようでしたが、賑わいを感じたのはアーケード街です。

IMG_3867web

 大阪の心斎橋筋ほどに耳をつんざく喧噪に包まれているわけではありません
が、ほどよい人口密度が通りを満たしています。

IMG_3869web

 老舗の喫茶店で、二代目マスターが語るその店の歴史(親父と反目して一旦
は店を飛び出したものの何故か今はここに舞い戻っている的な・・)に耳を傾
けつつ昔ながらの味わいがする珈琲をストレートで。

 と、ここまでは単なる旅レポですが、本来の目的は家旅です。
 今回は仲間の工務店さんからの紹介で、〝ある問題に直面している建主さん〟
のご相談にお応えするために、その敷地を拝見&ヒアリングに来たのでした。
「ハウスメーカーに依頼したらかなりの予算オーバーだったんです」というの
が建主さんの第一声。そんな予算は無いし、でも家はハウスメーカーに依頼す
るしかないと思っていたし・・・・。それにね・・・この敷地で上手く家が建
つのか、よく解らなくなって。
 と、ご案内いただいたのが、南面が崖という住宅と商店が混在する一画だっ
たのです。おおー!目の前のこの崖! 光、降り注いでますからー!

IMG_3854web

 実は、佐世保は港町であると共に崖の町でもあるのです。それは長崎も同じ。
数年前に起こった長崎の大水害も、擂鉢状の大地に降った大雨が崖から港へと
なだれ込んで引き起こされたものでした。
「今は50段の石段を登った先の家に住んでるんだけど、この歳になるとさすが
にコタエルから・・・。平地に土地の売りが出たんでサッと買ったんです」と
建主さん。
 その土地が25坪。建ぺい率60%、容積率が200%です。しかも南面が崖地!
さあ、どうする? どうしよう! 目標予算は? ほー、1000万円台ですね!
確かに、無理をされてはいけません。老後のライフプランは余裕があればある
ほど安心ですから。しかしこの崖、見事ですね。なんだかお城の石積みに生え
てるような濃い緑色をしたコケのようなツタのような植物や、小さな白い花ま
で咲いてるし。あっ、どうやら僕はこの崖に魅力を感じているようです。しか
しそれは僕だけではないようで、同行していた建築家も目を輝かせています。
プ、プラン、提案しましょう。まずはもっと詳しいお話を!
 というわけで、僕らは建主さんに詳しいヒアリングを決行したのでした。
『崖の町ー佐世保のまさに崖に向かう小さな家』の家旅話はまたいずれ。でも
予算厳しいし、敷地狭いし、でもでもそれ以上に面白いプランができそうだし。
今回はそんな嬉悩ましい家旅でした。

2015-04-22 | Posted in 365day's gallery, 旅に向かうNo Comments » 

糸島へ2。

◎4月8日(水)

この日は海の糸島へ。都市高速を降りて、海釣り公園を通り過ぎ、54号線を
宮浦方面へ。
途中、仲間の建築家〝いずみちゃん〟が自宅を使って開業しているレストラ
ンでランチ。

IMG_3800web
IMG_3811web
IMG_3805web
IMG_3808web
漁港を望む、とても住宅とは思えない広々とした空間でいただいた海苔を使
ったパスタも魚介のリゾットも美味い!
食後は、ヤギの〝ヒジキ〟としばし戯れました。

IMG_3822web
IMG_3821web

そしてつぎの目的地である果樹農園へ。
ビニールハウスの中ではブルーベリーがスクスクと成長しつつありました。

IMG_3826web

外に出ると、目の前に広がるブルーベリー園。

IMG_3828web

ここで農業の6次化へ向けた新たな取組みができないか。そのご相談を受け
たのでやってきたのです。
この日は、事業の目的などを軽くヒアリング。敷地を見せていただき、可
能性と共に課題も見えてきます。正式にプランニングの依頼をいただけるか
は未定ですが、数年前に家づくりをコーディネートさせていただいたご縁で
お声かけいただいたプロジェクトです。何とかお役に立てればと思いました。

糸島は、海と山の豊かさに触れることのできるエリアとして、福岡県民に
限らず他府県からの移住者も多い地区です。先日は山側での候補地探しにつ
いてレポートしましたが、今日は海とそこから内陸に少し入った地区にうか
がったお話でした。

2015-04-18 | Posted in 365day's gallery, 旅に向かうNo Comments » 

282歳の家。

◎3月14日(土)

 この家が建ったのは今から約10年前に遡った日のことでした。
 ご家族の皆さまとの出会いはその一年前のことになります。或るテレビ番組
にほんの数秒だけ僕が出演していて、それを妹さんのミチコさんがたまたま見
かけたのです。
 そしてその翌日、その頃虎ノ門にあった東京ギャラリーにお越しいただいた
のが家づくりのはじまりです。今もぼんやりとその日のことが思い出されます。
確かその日も姉妹揃って、ギャラリーのスチール製のドアをノックされたので
した。あれから一昔が経っての今回の住まい訪問。お互いに歳をとりましたし、
あの頃だって〝よいお歳〟でしたので、心の片隅で〝大丈夫かなあ〟とすこし
は思っていたのです。
 鶯の泣くホームに降りて、歩くこと数分。ここは東京の下町です。ミチコさ
んによれば海抜一メートルもないんだとか。津波のときには上野のお山に逃げ
るようにみんなで話し合ってるのよ、とミチコさんとフミコさん。シンクロす
るように笑顔でおっしゃる姉妹です。東京の下町っ子は、たぶんこんな風に覚
悟ができてるんですね。で、見上げれば、こんなモダンな佇まいです。

IMG_3513_web

 この建物に妹夫婦と姉、兄の四人暮らし。合計年齢282歳の住まいです。
モダンだから住みにくいとか、そんな想像は余計なお世話といわんばかりに
鉄骨造3階建ての明るく開放的な空間を自分流にアレンジしてお住まいです。

IMG_3528_web

 シンプルな白い空間に重厚なサイドカウンター。使い込まれた電化製品や写
真立て、調度品が静かに自分の居場所を確保しています。床から天井まである
開口部からは十分な光が射し込んでいます。入り口も引き戸になっていて、そ
の建具が床から天井まである造り。そこで伸びやかな暮らしが営まれることは
想像に苦しくありません。

IMG_3527_web

 ただし、暮らしていると不便な箇所も見えてくるもの。このポリカーボネー
トを挟み込んだ白い建具は、開け閉めの際にガタガタという音が気になるのだ
とか。引き戸の配置も実用性から考えれば〝イマイチ〟だったそうで、今では
引き戸を一枚入れ替えて使っているのだそうです。
「やはり家は二年くらいかけて設計しないと駄目だねえ」とミチコさんの夫の
キヨナガさん。
「でも床暖は良かったわ。風がなくて暖かいのは最高よ」とミチコさんとフミ
コさん。良いところも悪いところも含めて、このモダンな空間に愛着が生まれ
ていらっしゃるご様子です。

IMG_3540_web

 この階段吹抜けがこの建物の温熱システムの要です。冬は床暖の暖気が階上
に上がり、夏は3階のエアコンの冷気が階下に降りていきます。側面がガラス
張りになっているのでそこから自然光が入り、室内に適度な明るさを届けても
いるのです。

IMG_3538_web

 2階に設けられた在来工法による浴室については「寒くないですか?」とい
う僕の質問に「いいえ、ちっとも」と口を揃えたお三方。暖気が通過していく
途中に設けた浴室には、そんな効果が期待できるのかもしれません。

IMG_3545_web

 実はこのお家、隣地に本家があって、その建物と1階で繋がっています。そ
の繋ぎ方をどうしようかというところから家づくりのご相談がスタートしたの
を思い出しました。
 お話をうかがって同じ写真に僕も入らせていただいたこのリビングは、本家
の空間。いつもはここで四人でくつろいでいらっしゃるのだそうです。
 階段室には〝いずれ〟ということでエレベーターを設置するための最小限の
空間が設けられていますが、当分それを設置する必要はまったくないご様子。
それでも兄弟揃っては自分たちの〝エンディング〟についての打合せをされる
ことは多いようで、葬儀や相続などの面倒なことはどうするのか既に決めてい
らっしゃるのだとか。
「うちはねえ、冠婚葬祭はシンプルにするの。母のときもそうだったわ」
「そうそう、すぐに話がまとまっちゃうの」
「そして意外にすんなり実行しちゃうのよ」
 僕に語りかける姉妹は「人生ってそんなものよ」と言わんばかりです。

IMG_3549_web

 家の外に出ると〝地域ネコ〟が。
 最初の頃は12、13匹いたのが今では2匹になったそうで「去勢手術さえしと
けば自然に減るのよね。下町だから野良猫が一匹もいないと寂しいじゃない」
とフミコさん。
 すると、「野良猫じゃなくて地域ネコだよ」とキヨナガさん。
「ネコも歳にはかなわないのよ。可愛がっていても死んでいくんだから」
 お三方の話は尽きることなく続くのでした。

 再び鶯の鳴き声を聞きながら、電車を乗り継いで浅草へ。
 ここではサポート工務店さんと久しぶりの軽い飲み会。おいしいおでんをい
ただきながら、家づくり談義に花が咲きました。
IMG_3573_web

 下町。
 282歳の家。
 住まい手の思いをその家づくりに参加させることの大切さを学んだ家旅でした。
 キヨナガさんがおっしゃったセリフにこんなものがありました。
「自分が豊かでないと、豊かな生活は提案できないじゃないかなあ」
 その通りだと思います。使い手の求める暮らしの姿を提案するためには、その
暮らしを自分も理解しておく必要があるのです。しかしすべての暮らしを実際に
体験できるわけではありません。だからこそ、暮らしを想像する力が要るのでは
ないでしょうか。そんなデザインアプローチを僕はリアルライフデザインと呼ん
でいます。

◎3月15日(日)

IMG_3577_web

 都内にて、軽井沢で建つフォレストバーンFLATの施工契約を行いました。
軽井沢は屋根勾配や軒の出に関する規制が多いので、寄せ棟になっています。
信州から工務店のスタッフがやってきてくれたので、契約後、設計をした建築
家と4人で食事をしました。
 僕は282歳の家の話をし、工務店のスタッフは軽井沢が夏期期間中は工事がで
きないという話をし、建築家は最近手がけたという住宅の話をしました。

2015-03-18 | Posted in 365day's gallery, 旅に向かうNo Comments » 

京都へ。

二組の建主さんからご相談があったので、京都へ行ってきました。いずれも土
地からお探しの方々です。
まずはじっくり時間をかけて、家づくりのポイントをお話させていただきます。
いつもセミナーなどでお話させていただく内容です。まあ個別セミナーのよう
な感じです。このサイトでは『家心』にまとめているようなことを、やや早口
でお話しました。早口はダメですよ、ゆっくりゆっくりという誰かの声が聞こ
えてきそうですが、大学の演劇部で〝速射砲のようなセリフ回し〟を心がけて
いた我が身に馴染んだ癖はどうすることもできないようです。
土地からお探しなので、土地選びのポイントもお伝えし、候補地も見てきまし
た。ご案内いただく道すがら、さすが京都、目を引く住宅が点在しています。
そのどれもが、古都の風情に敬意を表しています。住んでみたい町だなあと、
素直にそう思うのでした。
二日の行程のうち、二日目の朝、俄雨でしたが西陣の「かみ添」さんをうかが
いました。

IMG_3028_web

店内の壁に貼られた和紙が、静かになにか語りかけてくるようです。
奇麗だなあ。
店主で職人の嘉戸さんやその奥様と話していると、時間の経つのを忘れるよう
でした。お二人からは京都の土地事情などもアドバイスしていただきました。
オリジナルの版木をつくることもできるようで、そうすればオリジナルの和紙
をつくって襖などに貼ることもできるということ。さっそく参考にしようと一
枚、円を描いた和紙を購入させていただきました。

IMG_3082_web

これは正面から紙を見たところ。

IMG_3090_web

こちらは、やや斜めから見たところ。
この角度による変化が顔料絵の具の見え方に表れてきて、店内の壁のような雰
囲気を醸し出しているのですね。

写真は、福岡に戻ってきてギャラリーの壁に仮留めして撮ったものです。

土地探しは、すんなりと行くことは少なく、なかなかピンとくる場所が即座に
見つかることはないので、じっくりとお手伝いすることになりそうです。

でも、こうやって旅に向かうと、「かみ添」さんとのような貴重な出会いもあ
るので、いろんな町に出かけていきたいと思います。
昨日、今日と、船乗りの方やサラリーマンの方から福岡に家を観に来たいとい
うお電話がありました。
家旅、まんざらでもないかもしれません。

2015-02-20 | Posted in 旅に向かうNo Comments »